It's my pc life…

ふと気がつけばいつの間にやら PC と出会い20年超の、初級者以上中級者未満の徒然 PC 生活記録

Exact Audio Copy が突然起動しなくなる

  1. ソフトウェア

【問題】:
 Exact Audio Copy(以下EAC)を起動しようとしたら、「Exact Audio Copyを起動しています」のメッセージが表示されたままフリーズしてしまい、起動しなくなる。

【原因】:
 ユーザーディレクトリ内のEACデータベースファイル「CDDB.sdf」の破損が原因。

【解決方法】:
 CDDB.sdfを削除、あるいはバックアップがあるならば上書きしてEACを再起動する。


 いつも通りEACを使用としたら、起動時の「Exact Audio Copyを起動しています」メッセージが表示されたまま全く起動する気配がなく、やむを得ずタスクマネージャのプロセスから強制終了。
 その後PCごと再起動するなど何度か起動を試みるも失敗に終わり、やむを得ずEACの再インストールをしてみるがそれでも症状は変わらなかった。

 再インストールしてさえ症状が改善しない原因を色々考えてみたが、恐らくアンインストール後も残存している設定ファイルあるいはレジストリ情報が要因ではないかと疑ってみる。
 ある程度要因を絞り込んで色々と調べてみた結果、アンインストール後もユーザーディレクトリ内に残存しているEACのデータベースファイルの破損が原因と判明し、削除した結果何とかEACが起動した。

 起動後のEACの挙動は特に問題なかったが、データベースファイルを削除した結果、EACの各種設定やこれまで記録してきたCDの情報の多くが失われてしまったので、今後同様の事態が発生した場合に備える備忘録として今回の件をまとめてみることに。

CDDB.sdfを削除あるいはバックアップの上書きが現状唯一の解決方法

 他にも手段はあるのかもしれないが、少なくとも現時点で効果があった唯一の方法はこれだけだった。しかも他に試した手段よりも圧倒的にお手軽というおまけ付きだ(笑)

 今回のEACが起動しない問題に対して、試した手段は以下の通り。

  • PCの再起動や他に影響ありそうなソフトの停止
  • EACの再インストール
  • データベースファイル(CDDB.sdf)の削除

 ちなみにレジストリ情報の削除は考慮はしたが、削除する前にデータベースファイルの破損が原因と気付いたため、実際にはレジストリをいじることはなかった。

 破損したCDDB.sdfは削除するか、あるいはバックアップがあるならばそれを上書きした後、EACを再起動すれば無事再起動する。
 ただバックアップの上書きではなく削除した場合、これまで蓄積してきたCDのデータ等は完全に消去されてしまうが、バックアップがない以上諦める他ない。

CDDB.sdfはユーザーディレクトリ内に存在

 具体的な場所は、以下の通り。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\EAC

 割と階層深くにあるため、Cドライブから辿っていくよりも検索等をかけた方が多分早いかと。

ファイル破損の原因は不明のため、定期的なバックアップが肝要

 CDDB.sdfの破損理由は不明なものの、これまでに頻繁にソフトを起動・利用し、相当大量(曲数にして2万曲以上)のデータを蓄積していたため、何らかの拍子に破損してもまぁ不思議ではなかった。
 よってこれからも同様の症状が起こらないとも限らないため、定期的にCDDB.sdfのバックアップは取っておいた方が無難かもしれない。

 とはいえEACは主に音楽ファイルのリッピングに使用しており、同じCDを再度読み込んだりする機会はかなり低いため、まぁ別にいいと言えばいいのが何とも……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント更新情報

トラックバック

トラックバックURL: http://itsmy.first-pclife.com/pc-net/software/post-192/trackback